整形外科・リハビリテーション科・麻酔科

当院での治療

「腰椎疾患」

診療部長 岩瀨 岳人

正常な腰椎

正常な腰椎

腰椎の疾患

1.腰椎椎間板ヘルニア

椎間板の内容物(髄核)が、主に脊柱管内に突出して神経を圧迫することで症状を出す疾患です。主な症状は足の痛みやしびれで、お尻から太ももの裏側、ふくらはぎ、すねにかけての痛みが比較的急性に発症した場合には本疾患が疑われます。進行すると下肢筋力の低下や排尿障害、排便障害など重い神経症状を発症する場合もあります。症状と診察所見、レントゲンやMRIなど画像検査から正確な診断が行われます。

治 療

椎間板ヘルニアは薬やブロック注射など手術をしない治療方法(保存治療)で良くなることも多い疾患です。しかし、保存治療を行っても症状が残る場合や早期の社会復帰を目指す場合、筋力低下など進行した神経症状をともなう場合には手術治療が選択されます。手術は背中を切開して神経を圧迫している椎間板(髄核)を摘出し、神経の圧迫を取り除きます。当院では主に手術用顕微鏡を使い、小さい皮膚切開で体への負担や痛みを可能な限り抑えた方法で手術を行っています。

腰椎椎間板ヘルニア

2.腰部脊柱管狭窄症

加齢を背景とした腰椎の変性(椎間板の突出、黄色靭帯の肥厚、椎間関節の変性など)により背骨の中にある神経の通り道である脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することで症状を出す疾患です。歩行や立位によってお尻から足にかけて痛みが出たり、足が前に進まなくなる、足の感覚がおかしくなるなどの症状のため長い時間や距離の歩行がしにくくなります。進行すると下肢の筋力低下や安静時のしびれ、肛門周囲の違和感などを生じることがあります。症状と診察所見、レントゲンやMRIなど画像検査を用いて正確に診断します。

治 療

症状が日常生活や仕事に支障をきたしていない場合や診察所見から神経症状が軽度と判断される場合には、まず保存治療が選択されます。しかし保存治療で症状が良くならないとき、症状が進行しているときには手術治療が推奨されます。手術では変性した椎間関節や肥厚した黄色靭帯の切除などを行って脊柱管を広げ、神経の圧迫を取り除きます(椎弓形成術)。当院では手術用顕微鏡を用い、体への負担をできる限り抑えた方法で行っています。

 

腰部脊柱管狭窄症 腰椎すべり症

3.腰椎すべり症

背骨に主として前後方向のずれが生じることで症状を出す疾患です。腰痛や足の痛みで発症することが多く、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と同じような症状を出します。

治 療

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と同様に、保存治療を行っても良くならない場合には手術が選択されます。手術は椎弓形成術のみで対応できる場合もありますが、多くは脊椎固定術が必要となります。椎弓形成術を行い神経の圧迫を取り除いた後、背骨のずれと不安定性に対して固定術を追加します。椎間板を取り除いたところに骨移植を行い、スクリューで椎体間を固定する方法などがあります(腰椎後方椎体間固定術)。当院では腰部の筋肉など正常組織をできる限り温存するため、筋間アプローチによるスクリュー刺入や経皮的椎弓根スクリューを用いるなど、小さい皮膚切開で侵襲を抑えた方法で手術を行っています。

腰椎すべり症