整形外科・リハビリテーション科・麻酔科

当院での治療

「脊椎内視鏡下手術」について

診療部長 堀 清成

腰や臀部から大腿にかけて痛みが出現する坐骨神経痛を生じる代表的疾患である「腰椎椎間板ヘルニア」と「腰部脊柱管狭窄症」。
これらの手術に対し、従来、顕微鏡下での手術を行っておりますが、さらにキズが小さく、入院期間の短縮可能な内視鏡下手術を「腰椎椎間板ヘルニア」に対し、当院で施行しております。

骨粗鬆症

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板が変性し断裂が生じることにより、髄核(一部線維輪も含む)組織が神経を圧迫することにより、腰や臀部から大腿・すねにかけての痛み・しびれが生じます。場合によっては膀胱や直腸の障害が生じることがあります。
手術は各種保存治療(投薬、ブロック、装具、物理療法など)を行っても症状が改善しない症例、下肢運動障害・知覚障害など麻痺症状の出現、膀胱直腸障害(排尿・排便)が出現した場合、早期に社会復帰を検討している場合に行われます。

(詳細については当院ホームページ:病気と治療についての「腰椎疾患」も御参照下さい)

内視鏡手術の実際
(MED:内視鏡下腰椎椎間板摘出術について)

手術は、全身麻酔下に、切開部(約18-20mm)より挿入した超小型カメラ(内視鏡)の画像を、モニターを見ながら行います。切開部に円筒レトラクターを設置し、専用の器具を用いて、脱出髄核を摘出します。手術時間は1時間程度で、抜糸も不要であり、入院期間は1週間程度です。

BKP(経皮的椎体形成術)

メリット

患者さんにとってキズが小さいことで、術後の創部痛が少なく、回復が早いことが最大のメリットです。傷跡が目立たないだけでなく、筋肉へのダメージも少ないため、日常生活や早期の社会復帰(仕事やスポーツ復帰)が可能となります。

*ヘルニアのタイプによっては通常の顕微鏡下手術となる場合があります。