整形外科・リハビリテーション科・麻酔科

当院での治療

肩関節鏡視下手術

肩関節鏡視下手術

肩関節内の主な手術には、

  1. 腱板断裂修復手術
  2. 反復性肩関節脱臼に対する安定化手術
  3. 石灰性腱(板)炎に対する石灰除去手術
などがあります。これらの手術は従来、大きな切開を伴い患者様への負担も大きいものでした。
現在では関節鏡の改良や手術技術の向上により、鏡視下手術で行うことができます。高度な手術であっても正常組織へのダメージや痛みが少なく、入院期間や社会復帰までの期間も短縮してきております。
当院では、日本に導入された初期の段階から肩関節鏡視下手術を手掛けているエキスパートが手術治療を行っております。

fクリニックさっぽろ 院長  福島 直 医師 紹介
2度にわたる大阪厚生年金病院への国内留学で、日本の肩関節鏡視下手術のパイオニアである 米田 稔 医師のもとで培った技術と経験をもとに、数多くの肩関節鏡視下手術を行っています。